30代から転職活動進め方。色々辛いよ


こんばんわ

転職して早三か月…人間関係に微妙に馴染めない暇っ子です。

今回は『30代暇っ子が実際に転職活動をした時の進め方を書いていこうと思います!』

まずは…

【転職イベント】

スタートはここからね…。色々な場所で行われてる転職イベントに参加してみました!参加すると、アマゾン1000円分貰えますがw暇っ子は交通費とトントンでした。転職イベントに実際行ってみてわかった事が…若い子が多いね(笑)30代場違い感が少しありました。時間が許すかぎり色々なブースを見て回りました。一番印象に残ってるのは、アジアで働きませんか?みたいなキャッチコピーに惹かれ説明聞いたんだけど、『英語できますか?』って聞かれて、『できません。でも、働きたいです』と言ったら…『日本で日本語できない人をあなたは雇いたいと思いますか?』って言われた(笑)率直に言われてウケましたw

次は…

【ハローワーク】

職探しと言えば!ハローワークってぐらい有名ですよね。暇っ子もとりあえず行ってみました。とりあえず、ハローワーク内散策して帰りました。な、なんか恥ずかしい(笑)暇っ子の偏見だろうか…なんかハローワークって恥ずかしいw恥ずかしくて、受付にすら声かけれなくて帰りましたw大失敗ですね。うまく活用できる人はいいのかもね

続きまして…

【転職サイト】

もう、家を出るのをやめました(笑)インターネットで探して見る事にしました。ついでに、エージェントサービスを利用してみました!まず、簡単な経歴書みたいのをweb上で書いてエージェントの人から電話がかかってきて今後の方針をお話しするという流れらしい。早速、暇っ子も経歴書頑張って書いてみました!ドキドキしながら、電話待ってたら一通のメールが…『誠にすみませんが、あなたにご紹介できる案件がありません。』…暇っ子泣いたわw

【違う転職サイト】

上記サイトでNGがでたので違うサイトに登録!また懲りずに、エージェントサービス利用しました。今回は、エージェントの人としっかりお話する事ができました。なぜ転職したいのかと、不満理由とか聞かれますね。夜20時の電話が最後らしく…暇っ子仕事中だったので、先輩の前でそんな質問を淡々と答えてました。

エージェント利用すると、自分の気になる職種を向こうがメールで送ってきてくれます。面接の日程調整もエージェントを返してやり取りをします。会社とのやり取りは、基本会社入るまで特に何もありませんでした。注意としは、面接が平日…。日曜日休みだった暇っ子には、合わせるのがきつかったですw

書類審査で落とされた数2社 面接で落とされた数0社 無事3社目で内定をもらう事ができました。登録から内定までだいたい三か月かかりました。履歴書・経歴書とかエージェントの人に何回か添削されますので時間かかりますね。たぶん、これでも早い方だと思います。

【会社を辞めるにあたっての注意事項】

エージェントに頼むと、退職マニュアル貰えますので書いてある通り言えば特に止められたりしません。退職理由も、実際ウソですね。でも、これ言えば会社は引き止める事はできないだろうなと言うような内容が書いてあります。

又、辞めますと言うタイミングなんですが、これは会社の社内規定を呼んだ方がいいですね。やめる日の一か月前に言わないとダメとか書いてあります。後、なるべく締め日にやめるのがいいですね。会社としても、計算が楽になるので…最後の優しさを見せる時ですね(笑)

最後に…

30代の転職は、転職先の期待度が高い傾向にあります。即戦力を求めています。暇っ子は、それを思い知りました。覚える事はたくさんあるし、前職では触れなかった事もやります。成長速度をかなり上げていかないと、厳しい現実ですね。でも、一回辞める事を覚えてるから最終的に無理だったら、また辞めればいいのかなと思うと気が楽ですね。止め癖がつくと言うのはわかるような気がしますね。まぁ、仕事してるだけマシかって気持ちで楽に生きます笑

一度、外国で日本人はなんでそんなに仕事頑張ってるの?いやなら辞めればいいじゃない?みたいな事を言われました。この『WHY』を自分に問いかけて見てください。

『それが、普通だから…』

説明になってない答えがでてきます。